メニエール日記 nousagi67.exblog.jp

2012年~メニエール病発症とその経過


by nousagi
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:病名( 12 )

Yahooニュースで目にした、「今井翼、メニエールだった」の記事。

アラ還の友人が猛烈なタッキーファンで、いつも「翼くん!」と呼んでいるので

滝翼には詳しくないわたしですが、あえて「翼くん」でお願いします。

耳鳴り、耳閉塞感、難聴、立てなくなるほどの回転性めまい、繰り返す嘔吐、

横たわって頭を動かせないあの症状。

めまいがおさまってからも、テレビや動画やPCなど見たくないし

音楽も聞きたくない。機敏な動きなんて無理。

私のような凡人なら、めまいと嘔吐さえおさまれば、なんとか生活していけますが

多大な熱い視線を浴びて、舞台や歌にダンス、

電光がキラキラするような場所や、大音響の中に立たないといけない職業。

それに、多くの関係者や国内外のファンに対する想いとか

想像もできませんが、プレッシャーやストレスもいかなるものかと・・・


でも翼くん、めまいの原因が中枢性(脳神経)でなくて良かったですね。

大きなお世話で全く説得力はないですが、十分な休養や睡眠をとって

回復に向けて、安静に過ごせるといいですね。



これを機に、ワイドショーなどでは、某有名なお医者さんや教授なる方がテレビ出演して

メニエールについて、あーだこーだと解説されるのでしょうか・・・

特効薬の開発とか、医療の補助などまで話が飛躍してくれたらいいですね(^_-)-☆




来年のカレンダー買いました。
d0285546_9381368.jpg



1枚目はクリスマスローズ
d0285546_9394092.jpg








にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ



読んでいただきありがとうございます
日本列島ブルブルですね  ><
[PR]
by nousagi-67 | 2014-11-14 09:40 | 病名 | Comments(0)
今日も寒い朝でした。

日が射してくると外は暖かですが、木造住宅の家の中に入るとひんやりします。

只今、14:10居間の室温16℃。さっぶー・・・><

まだ暖房器具は何も出さず、フリースと毛布で頑張っています^^


『内科処方 使い分けとさじ加減』実践マニュアル

こんな文献がありまして。「眩暈(めまい)」の項目を懲りずに読んできました。

「めまい」は、中枢性と末梢性に2種類に分けられます。

中枢性は頭部が影響しているので、緊急性があります。

末梢性は、私を含めるメニエール族の皆様のことです。

末梢性眩暈の主要薬物の特徴と使い分け。

1ジアゼパム:セルシン
特徴:ベンゾジアゼピン系で、比較的安全性が高く、耐性や依存も少ない

2:ヒドロキシジン塩酸塩:アタラックスP
特徴:鎮静作用と抗ヒスタミン作用がある

3:ジフェンヒドラミン:トラベルミン
特徴:ヒスタミン1受容体拮抗薬で鎮静作用がある。乗り物酔いの治療薬として使用される

4:炭酸水素ナトリウム:メイロン
特徴:わが国ではよく使われるが、米国では治療薬としての記載がない
考えられる効能としては、メイロンのHCO3が生体内でPco2を上昇させ血管を拡張し、
血液改善作用が効果を引き起こす可能性がある、と言われる

私がめまいになると、耳鼻科でも内科でもメイロン注射をします。
米国では使われていないようですし、年配の先生はよく使われますが若い先生は積極的には使いません。若い先生には「これ、効くの?」なんて聞かれます・・・
私の場合は、ひどいめまいの時は効果を感じませんでしたが、
フワフワや、来そう、という時には回避できたので効果があったと思います。

5:ベタヒスチン:メリスロン
特徴:「内耳の筋肉を弛緩させる作用」や「血流の増加作用」だけでなく、「内耳の毛細血管での浸透性を調節する」ことでも内リンパ水腫を改善させることができます。
また、内頚動脈の血流を増加させる作用も知られているため、脳循環を改善することでもめまいを治療することができます。

メリスロン、継続して飲んでいます・・・


6:メコバラミン:メチコバール

7:アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物:アデホスコーワのことです

8:カルジノゲナーゼ:カルナクリン


これらはメニエル族の方は聞きなれた薬ですね。

これらの「使い分け」と「さじ加減」 

こんな感じのマニュアル本がいろいろありますが、「使い分け」や「さじ加減」は

私が処方されてきた感じと変わりません・・・

私の場合、安定剤は服用しなくて済んでいます。






「しらさぎ物語」のアイス見つけました。310円。
d0285546_1455971.jpg






>
にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます
急に寒くなり、暖房器具を出すタイミングに悩みます
まだ10月だし・・・
[PR]
by nousagi-67 | 2014-10-29 14:56 | 病名 | Comments(0)

えっ、口唇ヘルペス

口角に小さなポッチができました。

あれ??怪しいぞ。ニキビや吹き出物じゃない。口角炎でもない。

きっと、きっとこれは、かの、口唇ヘルペス。

痛くはないけどピリッとする。


d0285546_1422747.jpg



肌の老化を、画像の大きさでごまかしたらよけい気持ち悪くなってすみません。

抗ウィルス剤 『アラセナA軟膏3%』2g

一日1~4回塗布

口角のポッチにちょんと塗るだけです。


口唇ヘルペスは、水ぼうそうのウィルスと同じ。

水ぼうそうのウイルスは、殆どの人が体内に保有し、

風邪をひいたり、疲れたり、ストレスがたまったり、免疫力が低下したりすると

帯状疱疹や口唇ヘルペスなどの症状として、活性化してきます。

疲れはいつもあるし、ストレスはメニエールが表現してくれているけど

今度は口唇ヘルペスです・・・




水ぼうそうのウィルスは、いろんな形で出現します。

ご注意ください。



口唇ヘルペスの治療には、抗ウィルス薬の軟膏を付ければいいのですが

帯状疱疹や、性器ヘルペスには抗ウィルス薬『バルトレックス』を内服します。

実は、メニエール病もウィルスが影響していると考える医師もいるようで、

抗ウィルス薬『バルトレックス』をメニエルの治療に用いることもあるようです。

でも、メニエルの場合『バルトレックス』で完治ということはないようで

長期間の内服は、敬遠したいところです。

まだ保険適応にもなっていないのだとか・・・

以上。メニエールと抗ウィルス薬について、でした^^







にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

お立ち寄りいただきありがとうございます
台風接近中ですね
不安定な気候、体調管理にお気を付けください
[PR]
by nousagi-67 | 2014-08-02 14:43 | 病名 | Comments(4)
日曜の朝刊に綴じられている「ジュニア中日」に、耳よりな記事が載っていました。

『突発性難聴に音楽効いた』 私も一時は突発性難聴と診断されました。

その診断名には、なんとなく疑問も残るのですが、それはさておき

今までは「安静」と「点滴」が治療の中心となっていましたが、

逆の発想で、悪い耳だけを使い続ける。どんどん耳を使って、神経や脳を活性化する考えです。

記事によると、入院患者の正常な耳に栓をした上で、聴こえが悪くなった耳にヘッドホンを付け

音楽を一日6時間聴いてもらう。日常生活も、正常な耳は一日中栓をして聞こえにくくなった耳だけを使って

過ごす、というちょっと乱暴な?方法です。

もちろん、入院しての治療なので、自己判断での真似事は禁物です。


私が最初に耳の違和感や耳鳴り、難聴などを感じたとき

高音は過敏に響き、低音は聴こえず、テレビを見たり、音楽を聴くことがとても苦痛でした。

その耳にヘッドホン!?

かなり苦痛でしょうね・・・


今でも、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴くことは避けています・・・

正常な耳では普通に澄んだ音が聴こえますが、聴こえにくい方は

かなり音が小さいし、曇って聴こえます・・・

音楽の才能はないので、作曲したり、ピアノを弾いたり・・・ということはなく

ただ聴いて楽しむだけですが、以前のように聴こえないと楽しみも半減です。


『突発性難聴に音楽効いた』・・・確かなデータが揃って、正確な結果が出たら

挑戦してみましょうか・・・





名前も可愛い「アネモネ」

d0285546_14135432.jpg





にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


お立ち寄りいただきありがとうございます

明日からまた少し寒くなるようです
季節の変わり目はお気を付けください~
[PR]
by nousagi-67 | 2014-03-18 14:15 | 病名 | Comments(0)
クリスマスが終わり、次は年越しと新年を迎える支度になりましたね。

メニエールについて考えるとき、心の中で避けてきたことがあります。

それは、田舎で暮らす母について。

もうすぐ80になる母ですが、60代は耳鳴りがすると言っていました。

病院に行くこともなく、「玄米がいい」とどこかで聞いて

玄米で耳鳴りは治ったそうです。

おそらく、ビタミンBの摂取と、精神的な影響かと私は思います。

70になり、突然の激しいめまい、嘔吐が始まりました。

農村地帯に診療所もないので、洗面器を抱えて巡回バスに乗り、

1時間近くバスに揺られて隣町の病院に行き

おそらくメイロン点滴、をしての帰宅を繰り返してきました。

母の場合、めまい・嘔吐は起床時ばかりです。

「朝普通に起きれると、良かった~ありがたい、と毎日思う」 と言っています。

頭部CTを一度撮り、脳には異常がなかったので

おそらくメニエールだと思われます。



メニエールは遺伝しないと言われますが、母娘で少しは性格の共通点もあるので

そんなところでしょうか・・・


私は大雑把で、ポジティブで、それから天然ともよく言われますが・・・

戦中派の父と母の生活は、まるで戦前の夫婦で母のストレスときたら、平成の世では考えられません・・・

農家なので、朝から晩まで一緒。

食事は定時に3度。

10時、3時のお茶、晩酌の支度・・・

やたら広い家の掃除、畑仕事、家電製品に頼らないスローな生活・・・

私の生活とは全然違いますが、

たぶん、母、娘でメニエールです。

考えるのを避けてきた・・・というのは、高校生の娘もそんな体質だったら可哀想・・・と思うからです。

いや~~~あの娘に限って、それはないかな・・・ないことを願います。



さて、今年も残すところあと2日の勤務です。

今日は午後は休みなのですが、骨祖鬆症の勉強があったので遅くまでかかりました。

お弁当が出たのですが、冬休み中の息子の昼食に消えました(笑)


d0285546_16374496.jpg



息子がこたつで食べかけたところですが、松阪牛弁当です!




にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村



読んで頂きありがとうございます
インフルエンザ、胃腸風邪にはご注意してくださいね
どちらも手洗いが効果的です
[PR]
by nousagi-67 | 2013-12-26 16:49 | 病名 | Comments(2)
あらゆるジャンルで存在するマニュアル本ですが、

こういうマニュアル本も、あるところにはあるものなんですね。

早速、メニエール病の項目を熟読し、要点をまとめてみました。

d0285546_1343171.jpg


・・・・・治療方針・・・・・

A めまい発作急性期
  
基本的に対症療法:安静。 悪心、嘔吐など、自律神経症状が強いときは補液。
  
難聴が急速に進行したら、副腎皮質ステロイドを投与


B めまい発作回復期

内服治療:①イソバイドシロップ ②アデホス ③メリスロン ④セファドール


C めまい発作間欠期

・発作の再発抑制  ・残存する難聴の改善  のために生活習慣を改善する

 充分な睡眠、適度の運動、禁煙、減塩、多めの水分摂取

内服治療:①イソバイドシロップ 90ml/日 を一日3回に分けて (つまり1回30ml 朝、昼、夕)

         症状が安定したら、30ml/日 (朝 1回のみ)

       ②カルナクリン 3錠/日 を一日3回に分けて (つまり1回1錠 朝、昼、夕)


D 難治性の対応

・ゲンタシンの鼓内注入 ・内リンパ開放術 ・前庭神経切断術 等




なるほど。

私の場合、MRIで内リンパ水腫(メニエール)と診断されているので、今はCのめまい発作間欠期。

生活習慣の改善に心がけ、イソバイドシロップとカルナクリン(末梢血管を拡張することで、血液の流れをよく

し、循環障害を改善する) ←これは飲んでいないけど・・



注意しないといけないのは、めまいが本当にメニエールからくるものか

もしかしたら、脳の病変なのかの診断は必要です。



さて、星野富弘さんのカレンダー5、6月の絵は・・・

d0285546_1411566.jpg


トケイソウです~

神秘的な花が素敵です~

只今冬支度に入っています。来年の夏の開花が楽しみです♪


星野富弘さんのカレンダーを、毎年実家の母に届けます。

不便な田舎なので、書店がないんです・・・

1980円のカレンダー、母は 「こんなに高いものを・・・」って言いますが

1ヶ月165円で楽しめるから安いものです・・・

年が終わっても絵だけで飾れるので、実家はギャラリーのようになっています~(笑)




読んで頂きありがとうございます♪

日に日に寒くなります 

毎年インフルエンザ流行の前に、ノロウイルスが流行ります

手洗い励行して下さい~



にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


応援ポチ♪ありがとうございます
[PR]
by nousagi-67 | 2013-11-27 14:24 | 病名 | Comments(0)

今度は膝関節炎

45を過ぎてから、病院に行く機会が増えました。

それまで、病院は殆んど無縁でした・・・

やっぱり身体も器械と同じで、永く使うとメンテナンスも必要になりますね!

この先も永く付き合うことになった耳鼻科を封切りに、あそこもここも・・・

今度は整形外科です。

半年ほど前に急いで山を駆け下りたのがきっかけで、左膝が痛くなりました。

割と永く続いているのが心配になり、

まだこの先しばらくは、山に行ったり、3月にはマラソンも控えているので

近所では評判のいい整形に行ってみました。

ここはいつも満車です~

診察は、ベットで仰向けに寝て、

片足ずつ持ち上げて診察します(靴下破れていないのに履き替えてきて良かった・・・)

普通に歩いてみて、と言われ、数歩歩きました。

それから、レントゲン撮影。仰向けに寝て、膝を下方向からや側面、正面・・・

幸い、半月板の緊急事態ではありませんでした。

「この段階なら、まだお金かけなくても治せるわー」 と京本政樹似の医師により

立ち方と歩き方のレクチャー。

重心が常に前にかかっているので、普段から心がけて重心を後ろに置くこと。

特に、山を降りるときは重心が前にならないように気を付けて。

それから、リハビリ室で電気のビリビリもやりました。

これも初体験。

膝に電極を4つくらい付けて、ホットパックを上に乗せて、10分間ビリビリやります。

循環を良くするそうで。

これ、効果あるのかなー・・・

このビリビリは週に数回は来てくださいね、と言われましたがどうでしょー

京本政樹を見たくなったら行きましょうか・・・


そうそう、慢性の痛みで白い湿布を貼るときは、ドライヤーやヒーターで湿布を温めてから貼ると効果的だそう

です!



平野部もだんだん色付いてきましたね~

d0285546_16324079.jpg


季節の移ろいを楽しむ余裕が大切ですね!





お立ち寄りいただきありがとうございます♪
晴天の週末、深まりゆく秋をお楽しみくださいませ

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
[PR]
by nousagi-67 | 2013-11-16 16:37 | 病名 | Comments(0)
現在、仕事の前や出掛ける前には飲んでいる『メリスロン錠』  について、

気になることがあったので、薬剤師さんに聴いてみました。


例えばイソバイドシロップなら、浸透圧の作用で内耳のリンパ液を排泄させるとか

アデホスは、血管拡張作用により血流を増加させ、代謝を良くして機能を改善させるとか、

メチコバールは、神経の核酸・蛋白合成を促進し、傷ついた末梢神経を修復させる、

のように身体にどんな効果を発揮するのかわかります。


ほぼ毎日飲んでいるメリスロン錠は、内耳の血流を増やすことにより、回転性のめまいを和らげます。

実際、どんなふうに身体に働いてめまいを和らげているのか質問してみました・・・・



「・・・・・そこんトコロは難しくてよくわからないんだな・・・・・」

そっか。

わからないのか・・・・・難しいんだ・・・・・。



太陽光充電中~  

d0285546_14323784.jpg


「もう少し前に行っておくれよ!お尻濡れちゃうじゃないかい!」

「とうちゃん!かあちゃんがもっと前に行ってくれって!」

「無理言うなよ落ちるよ・・・・・サメが狙ってるじゃないか・・・・」



さて、一日グタグタしていた昨日も、夜は2、5km走りました。

夜7時半から、すり足のように地面をこすりながら走って

八重の桜までに帰ってきました。





にほんブログ村


にほんブログ村


お立ち寄りいただきありがとうございます
いつも応援、ありがとうございます☆彡
[PR]
by nousagi-67 | 2013-09-30 14:52 | 病名 | Comments(0)
 『ためしてガッテン』 ~ 「あなたを突然おそう!めまい」 というテーマだったので見てみました。

水曜夜8時 NHK 立川志の輔さん、小野文恵アナウンサーが司会です。

司会者が疑問を投げかけて、3人のゲストが答えを推測しながら結論に到達するという

ゆるーい進行です・・・・・

忙しい時間帯の放送なのでもちろん録画で見ました。

メニエール日記に記録しておきます~

激しいめまい症状の人の、53.8%が「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」←めまいは1分以内

                47.2%が「脳梗塞」「前庭神経炎」「メニエール病」「突発性難聴」←めまいは1分
                                                                以上


「良性発作性頭位めまい症」の人に効果的な対策が、番組の7割程度を占めていましたが

本日は省略します。


((「良性発作性頭位めまい症」は家庭で治せる方法が紹介されました。

対象の方には吉報かと思いますので、また後日更新しますね。))


最新情報「メニエール病」の検査と治療として紹介されていた内容です。

朗報!世界初 メニエール病診断方法 ←難病指定されていますが、画期的な診断、治療法はなかなか進

まないようです・・・

めまいが本当にメニエール病か、早期診断、早期治療に貢献します・・・と紹介されたのが

先日私が受診した大学病院の、「高解像度MRI」による診断でした。

MRI検査によって、メニエール病本態である内耳の水ぶくれが黒く映った画像が紹介されていました。

保険適用で1万円前後~

私の内耳にも、黒く水ぶくれが映っていたのでしょうか・・・

来週、結果を聞きに行きます~


治療法 (聖マリアンナ医科大学の教授出演)

以前は ①水分を控える ②利尿剤 が一般的だったようですが、

近年は ①手術療法 
     
      ②中耳加圧方法(まだ始まったばかりの治療法で、鼓膜の奥に圧力を加え、水ぶくれを排泄させる) 

      ③水分摂取療法  これは内耳の血流を改善させ、バゾプレッシンという水ためホルモンが働き過ぎ

       る環境を抑える意味があります。 

      *ただし、水分の過剰摂取は心臓や腎臓に負担がかかるので、自己判断でなく医師と相談が必要

        です。

メニエール病の原因、症状は多種多様なので、治療法も多種多様とのことでした。



昨日は閉じていた花も、今日は青空の下でうれしそう~

d0285546_1602852.jpg


昨日は温帯低気圧大荒れの一日でした。

全市民避難勧告が発令されていましたが、私の家は河川からは距離があり、若干海抜も高いので

水害の心配はありません。でも、竜巻やスーパーセルにはひとたまりもないでしょう・・・
[PR]
by nousagi-67 | 2013-09-05 16:22 | 病名 | Comments(0)

内服薬について

勤め先に、新しく薬剤師さんが入られました。
その先生は、殆んど薬局にこもりっぱなしのお仕事です。
私は、これ幸いと、手が空いた時には「お手伝いしましょうか・・・」などと言って
薬剤師の先生から
耳鼻科関係の内服薬のことを、いろいろ相談しています。

まずは、自分がメニエールの内服を続けていることを伝えます。
漢方の「柴苓湯」・・・サイレイトウについては、その薬剤師さんは
「・・・効果があるのかな・・・」と。
え~~!ずっと飲んでいますが。
漢方薬は、3ヶ月間内服して効果がなければ自分には合っていないとのこと。
なんとなく、飲んでいる間は低音難聴や耳鳴りが軽減しているような・・・

あとは、末梢循環の薬。これは、同意されていました。
それから、イソバイドシロップ・・・
私は即効性を期待して大事に飲んでいましたが、
「浸透圧を下げてむくみは軽減するけど、めまいに対しての即効性は期待できない
めまいに対しては、メリスロンなどのめまいの薬の方がまだいい」 とのことでした。
ですから、常備しておくならメリスロンだと。

もちろん、薬剤師さんならどんな薬剤でも周知・・・ですが
いつも関わっている専門分野の薬剤についてなら尚、詳しいのでしょうね。

薬について、あちこちで話を聴いてしまうと情報も混乱してしまいますね。
メニエールとは気長にお付き合いをしていくしかありません~^^


さて、誕生日のケーキ。
私が選んだのは

d0285546_1644758.jpg

いちじくのタルトでした~!!
上にたっぷり乗っているクリームは苦手なので、夫のケーキに上乗せしました(笑)
[PR]
by nousagi-67 | 2013-05-23 16:08 | 病名 | Comments(0)