人気ブログランキング |

カテゴリ:結核の検査( 3 )

結核の血液検査の結果 

追記
保健センターに血液検査に行った日にいただいて来たプリントがありました。

『感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく健康診断の勧告について』
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第17条第一項の規定により、下記のとおりに健康診断を受けるよう勧告します。


感染症の名称 結核
勧告の理由 当該感染症のまん延を防止するために必要があると認められたため
対象者氏名 わし
受診期間平成31年*月*日まで


*************
それから、約10日後
保健センターで血液検査をして約1週間後、A4サイズの封筒が届きました。

T-SPOT(血液検査):陰性(結核に感染していない)

健診はこれで終了となります


あーよかった!

11月25日ころ 忘年会
12月10日ころ Kちゃんが結核だったという知らせがきた
12月11日ころ Kちゃんが住んでいる地区の保健センターに電話をかける
1月15日ころ 私の住んでいる保健センターから電話があり採血の日程を決める
2月14日ころ 保健センターで採血
2月25日ころ 結果が郵送される

色々な病に容易に感染しないように、生活習慣を整えておきませう。








by nousagi-67 | 2019-02-26 13:30 | 結核の検査 | Comments(0)

結核の検査に行きました

二か月半ほど前の忘年会のメンバーの一人が結核に感染していて
しかも、排菌中の段階だったと連絡があり、
そのメンバーの(K子ちゃん)、住民票がある保健センターに連絡するようにと、K子ちゃんからメールがきた。

指示された保健センターに電話をすると、私の名前、生年月日、住所に電話番号など聞かれ
今度は、私の住民票がある保健センターから連絡がくる、とのこと。

1月末に、保健センターから電話があり、2月のこの日かこの日に血液検査に来れないか、という内容。
時間は朝の9時から9時半の間。

仕事を休みの予定にして、血液検査の日を伝えた。

検査の前日、保健センターから携帯に電話がかかる。
「明日ですが、大丈夫でしょうか。」
忘れてないわよ、行きますってば。
「はい、大丈夫です。よろしくお願いします。」

検査の日、9時15分ころ、保健センターに到着。
自宅から車で20分くらいだけど、混んでいたことと
駐車場が予想外に狭かったことで難儀して停めました、、、。

地下駐車場から2Fに上がると、
旅館の女将みたいに出迎えられた。
「ノウサギさんですか。わざわざお越しいただきありがとうございます。こちらへどうぞ。」

ガランとした保健指導室みたいな部屋に、1対1でテーブルをはさんで、
担当の保健師?から色々質問を受ける。

現在、咳や微熱、なにか変わったことはないか。
あとは、一般的な問診票の記入。

それから、約8mlの採血。
項目はTーSPOT.TB検査
結核菌に感染しているかどうかを調べる検査です。
結核の検査には、胸部エックス線撮影やツベルクリン反応、喀痰検査など様々なものがありますが、その中でも「感染の有無」をより正確に判断できる検査です。

検査の時期と進め方
感染の機会があってから少なくとも8週間程度経過してから実施します。
採血量は約10mlと少量です。
検査には10日ほど要するので結果は後日の連絡となります。

検査の結果は?
陽性、判定保留(再検査が必要)、陰性

渡されたプリントより抜粋。


今日はこれで終わりです。
結果は、郵送します。
陰性でしたらこれで終わりで、万が一陽性でしたら主治医と今後の話しがあります。

9時50分ころには保健センターを出た。

今日は仕事を休んで来たのだけど、職場はちょっと心配なカンジで
困ったことがあったらいつでもLINEでも電話でもしてくださいね、と言って来ているので
いつもはマナーモードの携帯が、大きな音で着信音が聴こえるようにしてある。

一人で珈琲飲んで帰ろっと。
結核の採血のお蔭で、贅沢に時間を使った朝でした。


d0285546_16090882.jpg

結核とは関係ないけど、きょうのわんこ。
むすめ不在だけどおひなさん出したよ。




by nousagi-67 | 2019-02-24 16:10 | 結核の検査 | Comments(0)

検査で始まった平成31年

メニエール病で悩んでいるひとが予想外に多いのか、
メニエール関係の記事はわりと読んでいただいています。

今回はメニエールとは違うけど、
平成31年は、思いもしなかった検査をする幕開けになりました。

@結核の検査
@大腸内視鏡検査


結核の検査が必要となったいきさつ
昨年の晩秋、早めの忘年会と称して同郷の面々7人で飲み会がありました。
場所は粋な居酒屋で、鍋をつつくとかでなく、大皿に盛られてくるコースで
気が付く人(私とか)笑が、人数分の小皿に取り分けて配ったので
久しぶりに出会ったメンバーで鍋を混ぜくるようなことは、しませんでした。

その後、カラオケ店に行くことになり、7人中2人はカラオケが苦手だからと帰りました。
残り5人でカラオケ店に約2時間。
いやぁ~楽しかった、またやろうね、ばいばい。

それから4日後、カラオケメンバーの一人、K子ちゃんが急性膵炎で入院したと聞いた。
K子ちゃんはバツイチ独身で割と自由にやっているので、呑兵衛でコンビニご飯が多いのだとか。

入院から1週間くらい経って、K子ちゃんから連絡があった。
「急性膵炎は落ち着いてきたけど、調べたら結核に感染していた。
しかも、菌を放出している段階なんだって。
今日から隔離部屋に移っています。
あの日、一緒だったひと達は濃厚接触者と判断されたら血液検査をする必要があるんだって。」

K子ちゃんはあの日、咳はしていなかったし、熱があるとも、あったとも言っていなかったけど。
まさかの展開にびっくり。
さて、どうしたらいいか。

保健センターに問い合わせてまとめてみると、
入院中の病院からK子ちゃんの住民票がある保健センターに連絡が行き、
保健センターの係りのひとから取り調べがある。
一緒に過ごした場所や人数、時間など。
それから、そのメンバーに保健センターに一度連絡するようにと言われ、K子ちゃんからその旨を聞く。

K子ちゃんの住民票は三重なので、三重県某市の保健センターに電話をかけて、「K子さんの件です」と伝えると、
私の住所、名前、電話番号を聞かれる。
そして、自分の属する保健センターから連絡があるまで何もしなくていいと。

年が明け、平成最後の1月上旬、私の住む保健センターから携帯に電話があった。
「結核に感染していないかどうかの血液検査をします。*日か、*日はどうですか。」

居酒屋だけで帰った2人は、特に持病もないし、濃厚接触者とは判断されなかったが
カラオケはまずいよね。
うん、そう思う。密室だもの。

そんなわけで、都合がつく2月*日に保健センターに行くことになった。
もちろん、熱もないし、咳もない。
ちなみにまだインフルにもかかっていない。

先日K子ちゃんは晴れて結核が完治し退院しました。
またみんなで会おうね、ってLINEがきたけど
もう勘弁してよ、って感じです。






by nousagi-67 | 2019-01-26 12:24 | 結核の検査 | Comments(0)

2012年~メニエール病発症とその経過


by nousagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る