メニエール日記 nousagi67.exblog.jp

2012年~メニエール病発症とその経過


by nousagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:映画、本、テレビ( 39 )

クイーンのファンです、っていうことはないけど

『ボヘミアン・ラプソディ』観ました。

もう一度観に行きたい、そんな映画でした。

二回め観るときは、オープニングから泣きそうです。


フレディになりきっていたあのひとって、ナイトミュージアムでエジプトの王やってたひとですよね

へーーー!って思いました。


帰ってから、クイーンのライブ・エイドを改めて何度も観ました。

細かいセットがまるでコピーのような再現で驚きました。

映画の日は仕事で時間もないので、レディースデイにもういちど観ます。



大音響の場面もありましたが、耳はびっくりしませんでした。

心地よく感じる大音響はいいみたい。

左右アンバランスに聞こえる耳だけど、問題なしだったと思う。





d0285546_11172934.jpg

クイーン、そんなに前の話ではないと感じるけど

社会背景、世論、、、

時代は流れているんだなーと思いました。




デビ様とかリマールとか、、、懐かしい思い出です。



[PR]
by nousagi-67 | 2018-11-30 11:21 | 映画、本、テレビ | Comments(0)
仙吉さんの、「学生街の喫茶店」「真夏の果実」の弾き語り、最高でした!

録画は永久保存です!



先週、とても悲しいことがあった中、わんこを迎え

自律神経の乱れか、更年期障害か、メニエールのせいか、倦怠感がひどくて

日々なんとか暮らす感じ。

そんなとき、予定外に中村雅俊の弾き語りを聴けてしみじみできました。


これから出勤。がんばろう。



梅雨入り前の青空。




d0285546_15324938.jpg


[PR]
by nousagi-67 | 2018-06-01 15:27 | 映画、本、テレビ | Comments(0)

明治村のデートと左耳

鈴愛(すずめ)と、第一印象が「ビミョー」だったコバヤシクンが明治村にデートに出かけました。

今までも色々なドラマで明治村のロケが行われてきましたが、

明治村が明治村として出てきてうれしかったです。

しばらく行っていないけど、初めて行ったのは40年くらい前の家族のお出かけで。

私が8歳くらいで、今は亡き祖母はサザエさんのふねさんのように毎日着物で

明治村に行くときはよそいきの(多分小紋だけど)少し綺麗な着物で、

当時中学生だった兄は学生服(学校行事じゃないけど、きちんとした格好が制服)。

父は一張羅の背広。

思い出すだけで、当たり前だけどすごく昭和で懐かしく感じました。

それからは、高校生の時もオトモダチと何回か行ったりして

男女で乗ると別れるという噂の、入鹿池のボートにも乗りました。

鈴愛はボートには乗らなかったけど、コバヤシくんのイメージした可憐な少女鈴愛は細かく砕け散っていましたね。


ヒロイン鈴愛は、幼児期に左耳の聴力をなくしました。

右耳だけの世界は、聴こえてくる音の方向がわからない、自転車の二人乗りでバランスがとれない

滑舌が悪く、声が小さい教師の声が聴き取りにくい、そんな様子も時々表現されています。


私も左耳がほんと、聴こえにくくなっています。

鈴愛の感じ方に加えて、右の耳掃除中はほとんど会話は聴こえない、道路を歩いているとき背後の車の音に気が付きにくい

平衡感覚が悪いので自転車に乗っているとき、狭い歩道はバランスがとれず走行できない。(降りて歩きます)


昨日も今日も肩は凝るし、頭はふらつくし、、、で、いまいちだけど

がんばろう。



d0285546_16330167.jpg
明治村のHPより。
西郷従道邸(西郷隆盛の弟)
「西郷どん」では、今は薩摩の生家で貧しさの中、慎ましく暮らしている三男。
立派な洋館建てたね。


久しぶりに明治村行こうかな。

夏に浴衣で行きたい。






[PR]
by nousagi-67 | 2018-04-23 16:37 | 映画、本、テレビ | Comments(1)
気候の関係か、疲労か、頭重感と聴こえにくさ、今日はそれに加えてなんだか時々身体がほてる。

あー、更年期かな。

メニエールと更年期のダブルでお得。


昨日テレビで紹介されていた『友だち幻想』が、朝刊にも出ていました。

読んでみたいな、って思ったのでポチしようと思ったけど、

例の本屋にママチャリで探しに行ったら、あった、あった。108円。



適度な距離をおくことが大切なようです。


学校のせんせいに読んでほしい。

新学期、友人関係で悩むひとにはいいかもしれない。

甥っ子、姪っ子が中学に入学して、ママたちも試練です。


d0285546_17201800.jpg





[PR]
by nousagi-67 | 2018-04-15 17:22 | 映画、本、テレビ | Comments(0)
年度の終わりで番組が終わったり、出演者が変わるこの時期

NHKあさイチは8年続いた司会の交代。

イノッチと有働アナの最終日が見たかったので、録画しました。

「なんちゃらロスっていうの、やめようよ」「記憶は忘れよう、3日で忘れるよ」と

新しいメンバーにかかる重圧を少しでも和らげようとするイノッチの優しさがよかった。

有働さんは「実は少し有働ロス、、、って言われたかった」なんていつものように本音が少し出ていたけど

それは誰だって思うよね。

でも、オトナなんだから。

緊急速報のための、番組を中断したニュースセンターへの気遣いも良かった。


最期には涙ながら大きな花束をもらって引き上げるのかと想像していたけど

「あと1分しかないや、シクヨロ!」で切れた。

押しつけがましくない、こういうやさしさにジーンとしました。


朝は見れないので、録画することが多いあさイチだけど

新メンバーで始まる月曜も録画しておこっと。
d0285546_06225503.jpg



左耳はほんと、聴こえにくくなった。

翼くんがまたメニエールで入院したそうですね。

大音響に囲まれることが本職で、辛そう。







[PR]
by nousagi-67 | 2018-03-31 06:25 | 映画、本、テレビ | Comments(0)
左耳がポンコツで大きな音響が少し心配だったけど、

2週間限定上映のハマショーを見てきました。

大きな音は思ったより苦痛に感じることはなく、というより

全然苦痛ではなく、楽しかった。




若いころ、タンクトップにバンダナのハマショーに憧れていたけど

おかんは『ハッピー・バースデイソング』や『夢のつづき』にじんわり、、、。


22日までです。





d0285546_1533015.jpg







にほんブログ村



にほんブログ村
[PR]
by nousagi-67 | 2018-02-20 15:34 | 映画、本、テレビ | Comments(0)
広瀬すずちゃん主演ドラマ『anone』で、田中裕子が言ってた。

「生きなくていいのよ、暮らせばいいの、、、」

この言葉を聞いて、すごく気持ちが楽になりました。

きっと、そう思ったひと結構いると思います。

頑張って生きなくていい、

日々を暮らせばいい。




d0285546_2061596.jpg



お散歩途中で見かけたモズ。

今日も聞こえが悪く、閉塞感も強いけど、めまいがないことがありがたい。










にほんブログ村



にほんブログ村
[PR]
by nousagi-67 | 2018-02-08 20:07 | 映画、本、テレビ | Comments(0)

秋のドラマも後半戦になりました。

いくつか録画しては見ているのですが、見る時間がなくてたまっています。

大門先生の次に見たいのが、満島ひかり扮する刑務官。

満島ひかりがすごくいい。

面白い。

監獄の中が楽しい寮生活に見えるのは良くないかと思うけど、

満島ひかりは面白い。


d0285546_13394812.jpg


番組HPより。



こたつでドラマ見るひとときが、気が抜けていいです。






にほんブログ村



にほんブログ村
[PR]
by nousagi-67 | 2017-11-20 17:30 | 映画、本、テレビ

おてんちゃんと白文鳥

忙しすぎる毎日だけど、おてんちゃんはほぼ欠かさず録画等で見ています。

放送初日から気になっていた白文鳥。

オープニングの歌の初めにもイラストで出てきて

藤吉さんからもらった鈴にも白文鳥が付いていて、

今日の回では、やっと手に入れた寄席の屋根の瓦に、野鳥のように白文鳥が止まっていました。

「風鳥亭」のはじまりですね。

白文鳥、脚本家さんが好きなのでしょうかね。


忙しいので今日は画像なし。





にほんブログ村



にほんブログ村
[PR]
by nousagi-67 | 2017-11-13 20:34 | 映画、本、テレビ | Comments(0)
『三度目の殺人』を見ました。

是枝裕和氏監督 役所広司、福山雅治。

平日だったこともあるけど、

公開されて1週間経たないのに空席がずいぶんあったけど、だいじょうぶか。


観終わってすっきりするタイプの映画ではなく、人によってとらえ方が違うと思われる内容で

エンドロールが流れはじめて、え!?終わり!?って感じました。

悶々とした気持ちのまま席を立ち出口に向かうと「、、、どおゆうこと?」「ん???」って

話しながらゆるりと歩いている人が多かった。


私は一人で見に行ったので、もっと考察したくて文庫を買って帰りました。

観終わってから感想を言い合ったり、とらえ方の違いを感じたりできる

誰かと見るのがおすすめかと思いました。



d0285546_14251091.jpg



秋にぴったり、深く濃い内容です。






にほんブログ村



にほんブログ村
[PR]
by nousagi-67 | 2017-09-15 14:25 | 映画、本、テレビ