人気ブログランキング |

過去記事の続きです、「メニエールの私が富士山に登れるか」

エキサイトブログの管理欄でアクセスレポートがわかるんですけど、
一昨日は、過去記事の「メニエールの私が富士山に登れるか」っていうタイトルを何人かの方が覗いてくれていました。
自分でもどれどれ、、、って見たら、問題提起だけで肝心な結果が記録されていませんでした。105.png

私は野山散策のなんちゃって山登りが好きです。
富士登山は40を過ぎた頃から興味を持ち、2012年にメニエール病にり患してからは2回、富士山に登頂しました。
なので、結論としては、「メニエール病の私でも富士山に登れました」。


今年も富士山が山開きしたので、挑戦される方がみえるのでしょう。
駅の階段で息が上がるようでは体力的になかなか厳しいと思いますが、近くの低山を何度か登って体力を付け
問題は、あのめまい発作。

実は、友達と二人で伊吹山に登る途中でグルグル来ちゃった経験もあり、
歩けなくなる前の予兆を感じ途中で下山して、下山もまっすぐ歩けなくてやっとの思いで登山口に戻り、めまいと嘔吐。
車の中で半日寝ていました。
友達には本当に申し訳ないことをしました。
そんなこともあって、山登りには夫を巻き込むことにしました。
夫は登りと下りは今でも苦手みたいだけど、目標を2-3年後にして低山で体力を付け、富士登山は夫と行きました。
長い付き合いの友達ならなんとか許された途中下山でしたが、
富士山ともなると、単なる山トモあるいは流行りのSNSつながりのなんちゃってトモダチを巻き込むわけにはいきません。(私にはいないけど)

富士登山で気を付けたことは、気圧に身体を慣らすために5合目登山口で2-3時間過ごしてから(仮眠)登山開始したことです。
めまいだけでなく、高山病にもなりませんでした。
出かけるまえに夫には、「もしめまい発作が起きたら、下山して車で待っているので一人で登頂してください。私は5合目周辺の散策でも十分1-2日楽しめるので気を遣わないでください」と伝えて、夫もそれで納得。
もしもの時になるべく気を遣わないメンバーで行くといいと思います。




2014年(メニエール2年生) 富士山登頂1回目





2016年(メニエール4年生) 富士山登頂2回目
9.5合目辺り 山頂はすぐそこなのにこれがまた遠く感じました。

d0285546_13043702.jpg


青空だったのに、剣が峰に到着前に雨が降り出しました。
この雨天の中、お鉢めぐりをして下山しました。

d0285546_13044151.jpg

メニエール病になってから、富士山登頂、フルマラソン完走ができました。
富士山標高3776m。
フルマラソン42.195km。
発作のときは1cmも動けなくなるけど、その時は成り行きに任せています。
打倒!メニエール!







by nousagi-67 | 2019-07-16 13:13 | 出来事 | Comments(0)

2012年~メニエール病発症とその経過


by nousagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る