人気ブログランキング |

母の声

忙しい毎日で、実家にしばらく電話をかけていませんでしたが
昨夜は息子が修学旅行から無事帰宅した報告など兼ねて、田舎の母に電話をかけました。
農業を営む両親には休日がありません。
今は、田んぼの管理、畑、お茶畑、そして養蚕。
久しぶりに話す機会なのに、忙しそうにする母の声に少し安心しました。

いつでしたか、こんなことを言っている友人がいました。
「・・・仮に両親があと10年は生きてくれるとして、月1回の帰省では年に12回会うことになり
10年なら120回。今までのまま年に2回程度の帰省なんて、この先20回しか両親の顔を見れないんだよ。
少ないと思わない?」

その友人の言葉に影響されて、昨年は月1のペースで帰省していました。
彼女は、毎週のように帰省しているようです。
でも友人とはいえ、お互いの生活があり、なかなか逢ってゆっくり話をする機会もなく
おそらく、この先何年かは会うことはないでしょう。
でも、親を想う気持ちは同じだと思っています・・・
そして、会うことはありませんが一生の友人でありたいと思っています。

昨夜、電話で聞いた母の言葉・・・
「遠い距離(100km)の運転で、事故でもあったらまず、旦那さんに申し訳ない・・・
この頃忙しいみたいだし、余計に心配だから休める日には休んで、帰って来なくていい・・・
梅をもぎたかったら送るし、ほうば寿司も送る。
いくらうちの娘でも、姓は違うからあなたに何かあったらそちらに申し訳ない」 と。

自分も二児の母。
娘を気遣う気持ちはよくわかります。
d0285546_1122414.jpg

                          夕霧草
さて・・・
先日無理をしてしまった付けはまだ治らず、かといって
受診する時間がなく、
なんとか勤務中は任務続行・・・家では、くたばっています。
昨日は半日頑張って、
今日の半分は横になっているでしょうね~^^
Commented by izumi_h23 at 2013-06-10 23:45
月に一回でも10年で120回…、そんなふうに思うとなんだか切なくなりますね。いつも元気で会うのが当たり前に思っていても、いつ何時なにがあるかわからない。
こちらの日記を読んだ後、昨日は母に会いに行きました。相変わらず私の身体を気遣って、いろんなもの作って待っていてて…。梅シロップもたくさん作ってくれてあって、重いのに「自分が持つからいいよ」と車まで運んでくれて。
娘が小さかった頃のことを話しながら、なんとなく涙がにじんでしまったけれど、私が娘を思う以上に母が私を思ってくれているのは間違いありません。。親って本当にありがたいですね。

養蚕をされてるんですね。子供の頃、近所のお宅にお蚕さんをもらいに行って飼ったことがあります。天井がとても高かったそのお宅、お蚕さんが桑の葉っぱを食べる音がシャカシャカ賑やかでした。
だけど、腕に乗せるとひんやりしてすごく可愛かったお蚕さんが、繭から蛾になって出てきたときにはショックで泣いて飼育していた箱ごと外に投げことが(私は蛾が大嫌いなので)。
だけど、カイコが「お蚕さん」と呼ばれるゆえん、その運命を知ったのはつい最近のことです。。
長くなっちゃってすみません。。
Commented by nousagi-67 at 2013-06-11 08:59
親って、本当にありがたいと思います
自分の体や生活より、まず子供そして孫のことが第一なんですよね・・・
養蚕は昔と違い、殆んど収入にならないので養蚕農家は激減しました
繭も、反物や生地になるのではなく、主に楽器の弦や化粧品に生まれ変わるそうです
出荷は繭で出て行きますけどね

いつも拙いブログを読んでくださってありがとうございます~^^
by nousagi-67 | 2013-06-09 11:09 | 自分 | Comments(2)

2012年~メニエール病発症とその経過


by nousagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る