メニエール日記 nousagi67.exblog.jp

2012年~メニエール病発症とその経過


by nousagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ステロイド内服治療

3月23日、A耳鼻科で突発性難聴と診断され
「突発性難聴にはステロイド治療が効果的です」と
勧められる。

突発性難聴
突然、片側の耳の聞こえが悪くなる突発性難聴。原因不明だが、ストレスや生活習慣が誘因とも考えられる。
「発症後1週間以内に治療を始めるのがポイント。2カ月を過ぎると回復困難になるので、放置は禁物。」

特徴的な症状は、まず突然起こること。「朝起きたら聞こえなかった」「飛行機に乗って離陸した時から聞こえなくなった」など、発症時がはっきりしている。徐々に聞こえなくなる、症状が繰り返すのは別の病気だ。99%は片側の耳だけに起こる。「一過性のめまい、耳鳴り、耳が詰まった感じ、吐き気、音が割れて聞こえるなどの症状が伴うこともあります」

治療は安静にして、ステロイド(副腎皮質ホルモン)を投与するのが基本。循環改善薬、ビタミン製剤、利尿剤、ATP(アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物)製剤などを併用する。軽症は外来で治療できる。全く聞こえないか60デシベル以上でないと聞こえない中高度の聴力障害や、めまいが伴う、透析患者や糖尿病などの持病がある場合は2週間ほどの入院が必要になる。


ステロイド(プレドニン25mg)を朝昼夕2錠づつ3日続け、4日目からは徐々に量を減らしていく。

ステロイド内服は、副作用も心配だったが
まずは難聴を切り抜けることが先決!


翌日は土曜で都合がつかず、次回受診日は月曜とする。
[PR]
by nousagi-67 | 2013-03-29 22:50 | 受診 | Comments(0)